ラザールダイヤモンドの輝き|あなたの意思を輝く宝石とともに贈ろう

置物

ドレスで恥をかかない方法

女性

オトナになると、友人や知人の結婚式にお呼ばれする機会が増えてきます。結婚式には普段着ないようなオシャレなドレスを着て参加するので、ドレスファッションを楽しむことが出来ます。ですが、二次会に参加する際の二次会ドレスによっては、スタイルや雰囲気をしっかりと踏まえた上で選択する必要があります。また、着ていく二次会ドレスのスタイルやカラーによっては、暗黙のルールがあるため然りと把握しておくことが大切です。自分だけ知らないと大勢の前で恥をかいしまう可能性もあるので、注意しましょう。

結婚式や二次会に参加する際に一般的には白いドレスや服装は避けるようにしましょう。基本的に、白い色は、結婚式の主役である花嫁のみに許さています。二次会ドレスでない、ワンピースなどのカジュアルな格好だとしても、白い色は避けておくほうが無難かもしれません。逆に全身真っ黒の服装も考えものです。全身黒のコーディネートは確かに、シックなイメージを与えることが出来るかもしれませんが、結婚式などの華やかな雰囲気においては、お葬式などを連想させてしまうことも考えられるため着用は控えておきましょう。また、他にも、肌の露出が極端に多いドレスや、私服のような地味すぎるワンピースもあまりよろしくありません。地味すぎると、せっかくのお祝いの雰囲気を見だしてしまいます。最低限のお洒落をして結婚式や二次会に参加すると良いでしょう。その場の雰囲気に合わせた二次会ドレスを着用して、主役の二人の幸せをお祝いしましょう。